Skip to content

ペットショップで買う?ブリーダーから買う?ペット購入の際の注意点

ペットの購入には相当の決意が必要!

ペットはモノではなく、生き物です。長く一緒に生きていくという志を持って飼い始める必要があります。このような決意が無い衝動買いは、ペットだけでなく飼い主にも不幸な結果しかもたらしません。そのため、ペットの購入の際は買い方に慎重を期し、まず「その子と健康に楽しく長く付き合っていけるのかどうか」を第一に考えて購入するかどうかを決断しなければなりません。「可愛いから」という短絡的な理由だけで購入するのは、絶対に控えるべきです。

ペットショップで購入して良いのか?

よくペットを購入する際に問題になるのが、「ペットショップで買ってよいのか」という点です。実際に実物を見て、外見から健康状態などを確認して購入できるのがペットショップの利点と言えます。しかし、逆に血統や遺伝的な疾患、生後からの生育状況など外見からわかりにくい情報についてはペットショップでは分からないことが多く、事前に何を確認しなければならないのかをしっかり把握しておいて購入に当たる必要があります。もし、十分な情報が得られない場合は、残念ながら購入を控えるといった判断も考慮に入れなければならないでしょう。

ブリーダーに直接当たれば安心?

それならばペットショップを介さずに、直接ブリーダーに聞けば分かると考える人も多いかと思います。確かにブリーダーであれば血統や遺伝病などのペットショップまでは下りてきにくい情報を持っているケースもあり有効な手段だと言えますが、昨今悪徳なブリーダーが増えてきているという現状があるため、まずは誠意のあるブリーダーかどうかを見極める事前作業が必須になります。その際、ブリーダーの所に直接行くのは控えた方が良いでしょう。問題があるペットをどうしても買わせたい悪徳ブリーダーの場合、直接出向くと衝動買いを誘ってくる場合が往々にしてあるからです。ペットショップで購入する場合も同様に注意しなければなりませんが、とにかくペットを買う場合は慎重に慎重を期しても、やり過ぎるということはないということを肝に銘じておくべきでしょう。

子猫販売はブリーダーからしてもらうとよいです。仲介料が無いので安く買えますし、飼い方も教えてくれるので安心です。